ブログの記事はスペインのバスケットボールのことだけではありません

« グラン・カナリア対カハ・ラボラル 2010-11 プレーオフ準々決勝【SKY-A 放送記念】 | Baloncesto Blog スペインバスケのブログTOP

Noviembre 04, 2011

フエンラブラダ対レアル・マドリード 2010-11 プレーオフ準々決勝【SKY-A 放送記念】

ソーシャル化計画 : はてなブックマーク | Twitter | ミクシィ

SKY-Aで放送されるLiga ACB プレーオフ 2010-11の注目選手の紹介です。

4日目はレギュラーシーズン7位のフエンラブラダ対2位のレアル・マドリードです。

【7位】バロンセスト・フエンラブラダ
フエンラブラダ
マドリードの南西にある郊外の街フエンラブラダは1987年設立のクラブで過去23シーズンのうち12シーズンを1部リーグACBで戦っています。
過去にプレーオフは3度出場していますが、今回は何と2001-02シーズン以来
(当時のメンバーに若きホセ・カルデロンとレジェンドのベリミール・ペラソビッチがいた)

今季はシーズン途中にウルグアイ代表で元NBA選手のエステバン・バティスタがカハ・ラボラルに移籍してまったり、
そのバティスタの代役として育成組織から昇格させたビスマック・ビヨンボが活躍、Nike HOOP Summitに出場、トリプルダブルの大活躍、
しかしビヨンボはアメリカから帰国してチームに合流せず勝手にチームを離れてしまうという事態。
そんなごたごたの中、フエンラブラダは過去最多の20勝をあげリーグ7位でプレーオフに進出しました。


注目選手

14番グスタボ・アジョン(メキシコ)C / 205cm
メキシコ代表のビッグマンでダイナミックなプレーを見せる。2010-11シーズンプレイク。

9番クリスタプス・バルテルス(ラトビア)PG / 188cm
ラトビア代表の司令塔、4度のヨーロッパ選手権を経験しているベテランガード。
父親がソビエトバスケットボール界のスターバルディス・バルテルス。

11番ルボス・バルトン(チェコ)SF / 200cm
チェコ代表選手、2008年から2シーズンFCバルセロナでプレーしていた。プレータイムを求めてフランラブラダにやってきた。

5番ダボール・クス(クロアチア)SG / 190cm

4番レオ・マイノルディ(アルゼンチン)PF / 202cm


El Baloncesto Digital 選手名鑑 バロンセスト・フエンラブラダ
バスナビ 選手名鑑 バロンセスト・フエンラブラダ


【2位】レアル・マドリード
レアル・マドリード
バスケの世界でも銀河系軍団を目指すレアル・マドリードのバスケットボールチームは1931年創立、
過去にはスペイン人初のNBA選手フェルナンド・マルティンやドラゼン・ペトロビッチ、アルビダス・サボニスなども所属したことがある。

2010-11シーズンはバスケ界のモウリーニョの異名も持つエットーレ・メッシーナが率いていたがシーズン中に更迭され、
プレーオフはメッシーナのACだったエマヌエル・モリンが指揮している。


注目選手

23番セルヒオ・リュル(スペイン)SG / 190cm
すっかりスペイン代表に定着した若いガード選手、2009年NBAドラフトでデンバー・ナゲッツに指名された(交渉権はロケッツにトレードされた模様)
2004年U18欧州選手権金メダルメンバーでもある

9番フェリペ・レジェス(スペイン)C / 203cm
いわゆる黄金世代のスペイン代表選手、2001年から全ての国際大会でスペイン代表に選ばれている。
同じ街のライバル、エストゥディアンテスから2004年に移籍してきた。

8番カルロス・スアレス(スペイン)SF / 201cm
2年連続でスペイン代表候補となっている、次世代をになうスモールフォワード、アウトサイドシュートが得意。
2004年U18欧州選手権金メダルメンバー、2010年エストゥディアンテスから移籍してきた。

13番セルヒオ・ロドリゲス(スペイン)PG / 192cm
かつてはスパニッシュ・チョコレートと呼ばれNBAでも4シーズンプレーした元スペイン代表PG(実はまだ25歳)
2004年U18欧州選手権金メダルメンバー、2006年までエストゥディアンテスでプレーしていた。

5番パブロ・プリジオーニ(アルゼンチン)PG / 186cm
スペインでのプレーが12シーズン目となる老獪な司令塔、アルゼンチン代表でも中心選手。

4番アンテ・トミッチ(クロアチア)C / 217cm
クロアチア代表の若いビッグマン、2008年にNBAドラフトでユタ・ジャズに指名されている。
東欧のガソルの異名のとおり、若いころのパウ・ガソルのようなプレーを見せる。
レアルにきたのが21歳のときだが、それ以前の所属KKザダールでは元日本代表HCパブリセビッチの指導を受けていた。

24番クレイ・タッケル(アメリカ合衆国)SG / 195cm
スペイン1部ACBのセビーリャ、ジュベントゥットで驚異的な得点力を見せ、2010年レアルと契約した。

12番ニコラ・ミロティッチ(スペイン/モンテネグロ)PF / 206cm
ネクスト・ノビツキーと呼ばれる数多くの選手だったが、近年彼こそが新しいノビツキーであることを疑う人はいない活躍。
15歳からレアルの下部組織でプレーしており、スペインの国籍を取得、U20のスペイン代表選手でもある。
このプレーオフの後、NBAドラフトでシカゴ・ブルズに指名される(レアルとの契約は2016年までで違約金は250万ユーロに設定されている)

El Baloncesto Digital 選手名鑑 レアル・マドリード
バスナビ 選手名鑑 レアル・マドリード



Gメール
スペイン情報タレコミ歓迎!! 質問・感想・ご意見なんでもどうぞ、スペイン関連などもオッケーです。

投稿者 とうみん : Noviembre 4, 2011 08:19 PM


このエントリーに対するコメントをお待ちしております




保存しますか?